示談は弁護士に相談

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故交通事故の被害者になってしまった場合は警察に通報することや、自分の保険会社に連絡すること、相手の連絡先や身元を把握しておくことも大切です。しかし傷害を負った場合は示談交渉を始めるタイミングは慎重にならなければいけません。加害者側は早く解決したい気持ちがあり、すぐに解決させようとしてきますが自分の怪我がなおらないまま示談交渉に応じてしまうと後から怪我が悪化した場合などに損害を請求することが難しくなります。

そのため、怪我が完治を目指すことをまずは最優先に考えましょう。被害者側は加害者に対して事故で負った怪我の入院費、治療費それ以外に通院にかかる交通費も含まれます。怪我が治るまではその金額が確定しないことから怪我の完治を目指すことが最優先事項になります。

病院に行ったら交通事故による怪我という内容を診断書に記載してもらうことが重要になります。怪我の治療をしてこれ以上回復の見込みがない場合に後遺障害が確定します。そのときに後遺障害診断書を作成してもらってから示談交渉をはじめるほうが有利になります。

相手の保険会社側は早く示談交渉を終わらせたい気持ちがあり、急ぐのが普通です。急ぐのは早く案件を処理したいからということだけでなく、示談を早く成立させることによって、支払う保険料を抑えることができるからです。後から後遺障害になって損害賠償金が請求できなくなると大変なので病状固定してから行いますと主張することが大切になります。このようなことは事故にあった最初の時点から弁護士に相談することができます。交通事故に対する専門的な知識のある弁護士に相談することによって示談交渉などを上手に行うことができます。

 

示談交渉の流れについて

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

もしも交通事故の被害にあったらどうすればいいのでしょうか。普通に生活をしている人はいざ交通事故の被害にあったときにどのような流れで示談交渉までを過ごすのかをわからない人も多いのが現状です。このページでは交通事故にあって示談金を請求するときにやるべきことについて解説します。

電話交通事故が発生してしまったら、最初にやらなければいけないことは警察に通報することです。これから示談交渉の相手になる人の身元を確認します。警察は加害者と被害者の両方への聴取を行います。そして事故の状況を記録する実況見分の調書が作成されます。事故を起こした加害者は保険会社に事故の通知を行い、被害者のほうも自動車の場合には同じように保険会社に連絡をします。

示談交渉をするタイミングは怪我をしてしまった場合、怪我の治療が終了してからが示談交渉を開始するタイミングになります。被害にあったら入院や通院を行い怪我の回復を目指します、治療が終了してから損害賠償の金額が確定します。被害者にも障害が残ってしまった場合にはそこから示談がはじまります。示談交渉が成立すると被害に遭った人は加害者から損害関係の賠償金や慰謝料を受け取ることができます。交渉がうまくいかなかった場合には裁判や紛争処理機関や調停という流れになります。

参考・・・https://www.ko2jiko.com/flow/
(交通事故発生から示談までの流れを説明しているアディーレ法律事務所のサイトです。)

 

交通事故で示談金を貰うまで

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

自分がいつ交通事故の被害者になるのかはわかりません。実際に交通事故の被害者になってしまった時のためにこのページでは示談交渉の流れについて説明します。まず、事故の被害者になった場合には警察に通報することが大事になります。加害者側がその場でお金を渡すから警察には言わないでくれと言ってきたり、その場で示談をしようとしても絶対に応じてはいけません。警察に通報し、事故の状況を記録してもらいましょう。また、自分が車に乗っていた場合は自分も保険会社に事故にあったことを説明します。

そして示談交渉をするタイミングは怪我をしてしまった場合には怪我の治療が全て終了してからが示談交渉をはじめるタイミングになります。相手の保険会社は示談交渉を早く終わらせたいがために示談交渉が終わるのを急ぎますが、治療をしている間のお金も相手に対して請求することができるので、絶対に治療をしている間は示談交渉をはじめてはいけません。

診察病院にいったら交通事故による怪我という内容を診断書に記載してもらいましょう。怪我の治療をしてからこれ以上は治らないと言った場合に後遺障害が確定します。kの時に後遺障害診断書を作成してもらってから示談交渉を進めることによってより有利な内容で示談交渉を進めることができます。

このような交通事故に関する知識が豊富なのは保険会社の示談のスタッフよりも弁護士のほうが専門的な知識を持っています。また、弁護士は被害者に対して不利益のないようにするための知識があるので、保険会社を挟んだ瞬間に示談金があがることもあります。そのためもしも交通事故の被害者になってしまった場合は早い段階から専門的な知識のある弁護士に相談することをおすすめします。