交通事故で示談金を貰うまで

未分類
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

自分がいつ交通事故の被害者になるのかはわかりません。実際に交通事故の被害者になってしまった時のためにこのページでは示談交渉の流れについて説明します。まず、事故の被害者になった場合には警察に通報することが大事になります。加害者側がその場でお金を渡すから警察には言わないでくれと言ってきたり、その場で示談をしようとしても絶対に応じてはいけません。警察に通報し、事故の状況を記録してもらいましょう。また、自分が車に乗っていた場合は自分も保険会社に事故にあったことを説明します。

そして示談交渉をするタイミングは怪我をしてしまった場合には怪我の治療が全て終了してからが示談交渉をはじめるタイミングになります。相手の保険会社は示談交渉を早く終わらせたいがために示談交渉が終わるのを急ぎますが、治療をしている間のお金も相手に対して請求することができるので、絶対に治療をしている間は示談交渉をはじめてはいけません。

診察病院にいったら交通事故による怪我という内容を診断書に記載してもらいましょう。怪我の治療をしてからこれ以上は治らないと言った場合に後遺障害が確定します。kの時に後遺障害診断書を作成してもらってから示談交渉を進めることによってより有利な内容で示談交渉を進めることができます。

このような交通事故に関する知識が豊富なのは保険会社の示談のスタッフよりも弁護士のほうが専門的な知識を持っています。また、弁護士は被害者に対して不利益のないようにするための知識があるので、保険会社を挟んだ瞬間に示談金があがることもあります。そのためもしも交通事故の被害者になってしまった場合は早い段階から専門的な知識のある弁護士に相談することをおすすめします。