示談交渉の流れについて

未分類
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

もしも交通事故の被害にあったらどうすればいいのでしょうか。普通に生活をしている人はいざ交通事故の被害にあったときにどのような流れで示談交渉までを過ごすのかをわからない人も多いのが現状です。このページでは交通事故にあって示談金を請求するときにやるべきことについて解説します。

電話交通事故が発生してしまったら、最初にやらなければいけないことは警察に通報することです。これから示談交渉の相手になる人の身元を確認します。警察は加害者と被害者の両方への聴取を行います。そして事故の状況を記録する実況見分の調書が作成されます。事故を起こした加害者は保険会社に事故の通知を行い、被害者のほうも自動車の場合には同じように保険会社に連絡をします。

示談交渉をするタイミングは怪我をしてしまった場合、怪我の治療が終了してからが示談交渉を開始するタイミングになります。被害にあったら入院や通院を行い怪我の回復を目指します、治療が終了してから損害賠償の金額が確定します。被害者にも障害が残ってしまった場合にはそこから示談がはじまります。示談交渉が成立すると被害に遭った人は加害者から損害関係の賠償金や慰謝料を受け取ることができます。交渉がうまくいかなかった場合には裁判や紛争処理機関や調停という流れになります。

参考・・・https://www.ko2jiko.com/flow/
(交通事故発生から示談までの流れを説明しているアディーレ法律事務所のサイトです。)