示談は弁護士に相談

未分類
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故交通事故の被害者になってしまった場合は警察に通報することや、自分の保険会社に連絡すること、相手の連絡先や身元を把握しておくことも大切です。しかし傷害を負った場合は示談交渉を始めるタイミングは慎重にならなければいけません。加害者側は早く解決したい気持ちがあり、すぐに解決させようとしてきますが自分の怪我がなおらないまま示談交渉に応じてしまうと後から怪我が悪化した場合などに損害を請求することが難しくなります。

そのため、怪我が完治を目指すことをまずは最優先に考えましょう。被害者側は加害者に対して事故で負った怪我の入院費、治療費それ以外に通院にかかる交通費も含まれます。怪我が治るまではその金額が確定しないことから怪我の完治を目指すことが最優先事項になります。

病院に行ったら交通事故による怪我という内容を診断書に記載してもらうことが重要になります。怪我の治療をしてこれ以上回復の見込みがない場合に後遺障害が確定します。そのときに後遺障害診断書を作成してもらってから示談交渉をはじめるほうが有利になります。

相手の保険会社側は早く示談交渉を終わらせたい気持ちがあり、急ぐのが普通です。急ぐのは早く案件を処理したいからということだけでなく、示談を早く成立させることによって、支払う保険料を抑えることができるからです。後から後遺障害になって損害賠償金が請求できなくなると大変なので病状固定してから行いますと主張することが大切になります。このようなことは事故にあった最初の時点から弁護士に相談することができます。交通事故に対する専門的な知識のある弁護士に相談することによって示談交渉などを上手に行うことができます。